FC2ブログ

書く事、思う事、読む事

小説や、小説・文章についての考えを書くブログです。読んだ小説の感想も書きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
小説を書く時、役立つツール
 小説を書く時役立つソフトに、アウトラインプロセッサがある。アウトラインには、あらましやあらすじという意味があって、つまりこれは全体の構成を書くソフトなのだ。
 アウトラインプロセッサでは、文章を構成する段落を初めに決め、段落ごとに詳しく書いていく。段落はツリー表示され、全体の構成が一目でわかる。下の図はこの文章を書くために使ったものだ。
アウトラインプロセッサ
 構成を考えて書けば緻密で整った文章になる。無駄なことを書いたり、同じことを繰り返し書いたりせずに済む。文章が長くなるほど違いは大きい。
 普通に書いていては段落の整理が難しいし、長い文章だと何処に何が書いてあるか分からないことさえある。このソフトなら、何処にどんな事が書いてあるかは一目瞭然だし、段落も簡単に、入れ替えたり、増やしたり、消したり、分類したりできる。
 お勧めのアウトラインプロセッサは、「StoryEditor」だ。プロにも使っている人は多いと言う。機能が豊富で、段落の大きさによってマークが変わって見やすい。中でも様々な形式のファイルに出力できる、書き出し機能はとても便利だ。
 アウトラインプロセッサだけで書いてもいいが、テキストエディタと連携しても使える。アウトラインプロセッサでプロット(骨組み)を作り、テキストエディタで肉付けをする。そして書いた文章はアウトラインプロセッサに組み入れて整理しやすくしておく。
 段落ごとに見るのと、実際につなげて見るのとでは違いがあるし、文章を扱うのはテキストエディタが上手だ。構成はアウトラインプロセッサ、書くのはテキストエディタと分業すると好い。
スポンサーサイト
  みんなでつなごう相互リンクの輪
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。